高血圧

高血圧とは

慢性的に血圧が上がる状態のことを高血圧と言います。 血圧は一定ではなく、起きたとき、運動したとき、睡眠中など常に変化しており、血圧が高くなることもあります。一時的な血圧の上昇は高血圧とは言いません。慢性的に血圧が上がる状態のことを高血圧と言います。 
その高血圧の原因は大きく分けて2種類あるとされています。1つ目は糖尿病などの病気や薬による副作用を原因にするもの。2つ目は遺伝的背景や生活習慣やストレスによって起こる本能性によるものの2種類に分けられます。
高血圧と呼ばれる方の約90%は生活習慣や遺伝による本能性のものとされています。
診断は主に血圧測定が基本となり、血圧の値が収縮期血圧で140mmHg以上で拡張期血圧で90mmHg以上の場合高血圧と診断されます。
自己で調べる際は家庭血圧計を購入し早朝の血圧を測定し計測した数値もそうですが、経時変化を見ることが重要です。

生活習慣で起こる高血圧の原因は?

原因としての生活習慣では、塩分の多い食事や、運動不足、飲酒や喫煙があげられます。中でも高血圧の発症と最も関連が強いのは塩分の摂りすぎと言われています。
塩分を摂取することでの血圧の変化は人によって異なり、塩分を少しとりすぎただけで高血圧になりやすい人もいらっしゃいます。塩分多く摂取すると、血液中の塩分(ナトリウム)濃度が高くなります。するとヒトの体は、血液のナトリウム濃度を一定の範囲内に保つ必要性から、体内の水分が血液中に移行します。その結果、血液の量が増え、血圧が高くなります。

高血圧は自覚できる

高血圧は、放置していると怖い病気ですが、その一方で自覚しやすい病気ともいえます。痛みなどの症状がなくても、健康診断や家庭での血圧測定によって、判断できるからです。
「血圧が高め」とわかったら早めに受診し、治療を必要とする高血圧なのか、原因は何かなどについて知ることが大切です。
高血圧かもしれないそんな不安をお持ちの方はお気軽にご相談ください。
まずは相談してみることも病気の早期発見に繋がります。病気は知らず知らずのうちに身体を蝕んでいることがあります。
気になる方はぜひご連絡ください。

お問い合わせはこちら